院長ご挨拶

当院は、1952年(昭和27年)4月 一ノ瀬外科として一ノ瀬眞平により開設されました。以来、増改築・改革を重ね地域の方々の健康のために誠実に働いてまいりました。

昨今の厳しい医療情勢のなかにおきましても、絶えず新しい医学知識を取り入れながら、良好な治療成績をおさめています。

これからも、良質な医療を提供することにより皆様のお役に立てる病院として信頼されるよう、職員一同努力していく所存です。

病院長 一ノ瀬 孝彦

略歴

  • 1969年(昭和44年) 広島大学医学部卒業
  • 第Ⅱ外科教室 脳神経外科教室 生化学教室出身
  • 県立広島病院
  • 松山赤十字病院
  • 米国NIH研究所
  • 双三中央病院勤務
  • 広島大学脳神経外科 講師
  • 1983年より一ノ瀬病院勤務
  • 医学博士
  • 脳神経外科専門医
  • 脳卒中学会専門医
  • スポーツドクター認定医

沿革

一ノ瀬外科 開設
<外科・放射線科> 4床

1952年(昭和27年) 一ノ瀬外科 開設

1952年(昭和27年)

増改築 一ノ瀬病院 23床
<外科・胃腸科・整形外科>

1952年(昭和27年) 一ノ瀬外科 開設

1959年(昭和34年)

増改築 66床

1952年(昭和27年) 一ノ瀬外科 開設

1969年(昭和44年)

脳神経外科 新設

1974年(昭和49年)

理学療法 認可 増改築 99床

1952年(昭和27年) 一ノ瀬外科 開設

1990年(平成2年)

作業療法・言語療法 認可

1996年(平成8年)

創立50周年 一般60床 療養31床 介護8床

2002年(平成14年)

一般60床 療養39床

2008年(平成20年)

一般29床 回復27床 療養39床

2011年(平成23年)

医療法人 清泉会 一ノ瀬病院として発足

2012年(平成24年)

訪問看護 新設

2013年(平成25年)

増築及び改修工事完了
一般29床 回復28床 療養38床

1952年(昭和27年) 一ノ瀬外科 開設

2016年(平成28年)