薬剤部について

お薬は病気の治療において欠かすことのできない大切な役割をもっています。

私たち薬剤部ではお薬が患者さんにとって有効にそして安全に使用されるよう、薬の専門家として医薬品の適正使用のため日々努力しています。

基本方針

お薬は病気の治療において欠かすことのできない大切な役割をもっています。

私たち薬剤部ではお薬が患者さんにとって有効にそして安全に使用されるよう、薬の専門家として医薬品の適正使用のため日々努力しています。

業務内容

調剤業務

調剤室では医師の処方せんに基づき内服薬・外用薬・注射薬の調剤を行っています。

処方せんの内容について薬剤師は投与量・他の薬との飲み合わせ・飲み方などを確認し必要があれば医師に問い合わせをします。

有効で安全な治療が行われるように細心の注意を払い調剤をおこなっています。

薬剤管理指導業務

入院患者さんに対して薬の効果、必要性、内服方法(使用方法)、副作用、生活上の注意点などについての服薬指導を行っています。

また、入院時に持参された薬や薬歴(おくすり手帳など)の確認、他院への問い合わせにより重複投与や避けなければいけない飲み合わせなどについても管理しています。

入院中は治療効果を確認しながら、さらに副作用の早期発見にも努めています。

必要に応じてベッドサイドにて患者さんの服薬状況の確認や服用薬の説明を行っていますので薬の疑問点など気軽にご質問ください。

医薬品情報管理業務

医薬品情報管理室では医薬品に関する情報の収集、保管、提供などの医薬品情報の管理を行っています。

患者さんや医療スタッフからの問い合わせの対応、医薬品情報の定期的な提供を行っています。

チーム医療への参加

薬剤部では下記チーム医療の活動に参加しメンバーとして活動しています。

  • 感染対策委員会(カンファレンスやラウンドに参加し院内感染対策のサポートを行います)
  • 栄養サポートチーム(カンファレンスやラウンドに参加し栄養管理のサポートを行います)