自分の脳は自分で守るために脳ドックを

脳ドックの必要性

脳疾患を早期に発見

最新鋭診断機器である超伝導MRI(磁気共鳴画像診断装置)を使用して脳の断面像や脳及び頸の血管を調べ、脳疾患を早期に発見して症状の出現や進展を出来る限り予防することを目的とします。

脳の健康診断

現在症状がなくても病気の「危険信号」が潜んでいることがあり、 脳の健康診断によりこれらを見つけ出すことができます。

「危険信号」には例えば次のようなものがあります。

  • 症状を出さない脳梗塞が偶然みつかり、詳しい検査をしたら大きな血管がつまりかけていた。
  • 脳の血管を検査したら、くも膜下出血を引き起こす原因となる脳の動脈瘤が見つかった。
  • 症状を出す前の小さな腫瘍が見つかった。

病院では、最新鋭機器を利用した<脳ドック>をおこなっています。受診をおすすめします。

MRIとは

MRI(磁気共鳴画像診断装置)について

強力な磁力を使って鮮明な脳の断層写真をとるものです。
血流の性質を利用して脳の主要な血管を描出することもできます。
放射線を使わないので放射線を浴びる心配がありません。
注射や薬を使わないのでこれらに伴う危険や痛みは全くありません。

当院導入のMRI

特徴

  • 検査時間大幅短縮(通常検査 約30分)
  • 検査時においての閉塞及び圧迫感の大幅軽減
  • 画像の鮮度一層向上

装置名

最新鋭装置 キヤノン Vantage Galan 3T

診療内容

(1)脳のMRI MRIを用いて脳の詳細な断面像をとります。小さな脳梗塞や 腫瘍でも十分に描出可能です。
(2)脳のMRA MRIを用いて脳の主な血管の様子を描出します。脳梗塞の原因となる動脈狭さや、くも膜下出血の原因となる脳動脈瘤をみつけることができます。
(3)頸部のMRA MRIを用いて脳梗塞の原因として多い頸動脈病変の有無をチェックします。
(4)血液検査 動脈硬化の危険因子であるコレステロール、中性脂肪、尿酸や血糖値などをチェックします 。

MRAとは、最新鋭の高速撮影・高精細3次元立体画像を可能にした診断装置です。
これにより造影剤を使用せずに微細な脳血管だけを鮮明に抽出でき、様々な脳疾患の早期発見が可能となります。

診断料金

健康保険組合によっては、料金の一部あるいは全額が補助される場合がありますので加入されている健康保険組合にお問合せください。

  Aコース Bコース
脳のMRI
脳のMRA
頸部のMRA
血液検査 -
検査所要時間 30分 30分
料金 25,000円 28,000円

お申込み方法

完全予約制になっています
ご希望の方は、電話あるいは直接病院受付にてお申し込みください。

TEL:082-243-6223

診断結果

検査当日に当院の脳神経外科専門医がご説明いたします。

ご注意事項

  • MRIは強い磁気を用いる検査ですので体内に金属のある方は受けられないことがあります。
    このような方は事前に当院担当者にご確認ください。
    (心臓ペースメーカー、人工内耳、歯の矯正器具、非チタン製脳動脈瘤クリップなど)
  • 食事は通常通りとっていただいて結構です。
  • 閉所恐怖症など狭い場所が苦手な方は、検査前にお知らせ下さい。
  • お申し込みをされた方には、検査の上での注意点を書いた説明書をお渡ししますので、検査前にお読みください。